小牧、犬山周辺で注文住宅をお考えであれば、名稲建設へご相談ください。
HOME > コラム

コラム

みんなが注文住宅を選んだ理由は?予算はどのくらい?〜「令和3年度住宅市場動向調査報告書」を基に解説!


こんにちは!名稲建設株式会社です。

「マイホームを建てよう」と思う理由は人それぞれですが、会社選びや家づくりの予算住宅ローンではどんな金利タイプを選んでいるのかなど、他の人がどんなふうに家づくりを進めているのかは気になりますよね。
そこで今回は、国土交通省が今年4月26日に公表した「令和3年度住宅市場動向調査報告書」から、注文住宅に関する調査結果をご紹介します。

これから家づくりを始める方は、先輩たちがどんなふうに住宅会社を選んできたのかなど、参考にしてみてください。

<今日のポイント>

・解説1「みんなが住宅会社を選んだ理由は?」
・解説2「広さや性能はどのくらいが平均?」
・解説3「気になる家づくりの予算は?」

▶︎解説1「みんなが住宅会社を選んだ理由は?」

注文住宅でマイホームを手にした人に、実際に家づくりを依頼した住宅会社(住宅の施工者)を選んだ理由を聞いてみると、一番多かったのが「信頼できる住宅メーカーだったから」という回答でした。

その割合は全国で46.4%

※画像出典:令和3年度住宅市場動向調査報告書(50P)より

また、三大都市圏では38.8%

※画像出典:令和3年度住宅市場動向調査報告書(51P)より

全国・三大都市圏ともに多くの人が会社選びの基準に「信頼できるかどうか」を置いていることがわかります。

ちなみに、会社選びにおいて情報収集をした方法は、住宅展示場が一番多かった(全国で49.0%、三大都市圏では45.7%)ものの、次いで多かったのがインターネット。全国平均で27.5%(前年度比3.9%増)の人がインターネットの情報も参考にしながら会社選びをしていました。

▶︎解説2「広さや性能はどのくらいが平均?」

ライフスタイルや家族の人数によって、ベストな家の広さは異なります。とはいえ、広いかコンパクトにするかの判断基準として、平均的な広さはやはり知っておきたいところです。

同調査によれば、建てたマイホームの延床面積平均は、全国で36.51坪(120.7㎡)、三大都市圏で36.36坪(120.2㎡)でした。

また、省エネ設備として、二重サッシや複層ガラスの窓を採用している人の割合は、なんと全国平均で80.8%!太陽光発電も、全国平均で40.1%の人が取り入れていました。
10人に4人が太陽光発電を取り入れているという数字、多いと感じた方もいるのではないでしょうか?

※画像出典:令和3年度住宅市場動向調査報告書(79P)より

その他、住宅の選択理由となった設備等として、全国、三大都市圏ともに「高気密・高断熱住宅だから」が6割を超えて最も多く、「高気密・高断熱住宅だから」を選択理由とする傾向が5年連続で増加しています。

▶︎解説3「気になる家づくりの予算は?」

家を建てる上で避けて通れないのがお金の話。
実際に建物にかける平均予算は全国で3,459万円(※これは土地を除いた金額となります。)、このうち自己資金は972万円、自己資金比率は28.1%となっていました。

住宅ローンは全国で78.6%の人が利用し、返済期間も「35年以上」が全国平均72.5%と大多数を占めていました。月の返済額で見ると、月あたり11.6万円が全国平均。
民間金融機関からの住宅ローンの金利タイプは、「変動金利型」が最も多く、全国で64.2%(前年度比7.2%増)。

※画像出典:令和3年度住宅市場動向調査報告書(106P)より

ちなみに、三大都市圏でも民間金融機関からの住宅ローンの金利タイプは、「変動金利型」が最も多く69.6%(同比3.5%減)でした。

※画像出典:令和3年度住宅市場動向調査報告書(107P)より
 

予算を決める参考にしてみてくださいね!

※参考
国土交通省HP「インターネットによる物件情報収集が大きく増加しています!~令和3年度住宅市場動向調査の結果をとりまとめ~

「ライフサイクルコスト」って知ってる?家を建てるなら知りたいお金の話


こんにちは!名稲建設株式会社です。

みなさんは「ライフサイクルコスト」という言葉をご存じでしょうか?今回は家を建てるならぜひ知っておきたい、ライフサイクルコストのお話をいたします。

▶︎ライフサイクルコストって何?

そもそも、ライフサイクルコストとは建物や道路、製品などが作られて役目を終えるまでにかかるトータルコストのこと。生涯費用と呼ばれることもあります。

住まいのライフサイクルコストとは、家を建ててから住まなくなるまでにかかるトータルコストということになります。
家を建てるとき、私たちがついつい気にしてしまうのは家の建築費用。けれど家を建てるお金だけでなく、住み始めてからの光熱費や修繕費、ライフスタイルの変化に合わせたリフォーム費用など、住まいにはお金と手間がかかります。

そうした、一生の間にかかる家の必要経費は、「住まいのライフサイクルコスト」。住宅購入の大事な判断材料になります。

住宅購入を検討するとき、ライフサイクルコストも考えた住まい選びができれば、将来にわたり快適に住み続けられる家を手に入れることができます

▶︎色々ある!住まいのライフサイクルコスト

住まいにかかるライフサイクルコストには次のようなものがあります。

(1)土地購入費
(2)建築費用
(3)税金
(4)リフォーム費用
(5)メンテナンス費用
(6)修繕費
(7)光熱費

(1)や(2)の家を建てる前にかかるお金イニシャルコストに加えて、マイホーム生活が始まった後のリフォーム費用、メンテナンス費用、修繕費、光熱費や固定資産税などランニングコストも家のライフサイクルコストに含まれるというわけです。

こうした視点で家を見てみると、建築費を抑えたばかりにメンテナンス費用がかかってしまうなんてケースも実は多いもの。
初期費用という面だけでなく、トータルでいくらかかるのかまでしっかりと考える必要があるでしょう。

▶︎ライフサイクルコストを考えた家選びとは

では、ライフサイクルコストを考えた家選びとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。
建築規模が30坪程度の木造2階建てを想定し、住宅価格2,000万円のA2,500万円のBを例に見ていきましょう。

(1)外装材

耐久性の高い外装材を使ったBは、外壁の塗り直しのサイクルが15年だとします。一方で、住宅価格を抑えたAは10年ごとに塗り直しが必要とします。

返済期間が35年の住宅ローンを組んだ場合、完済までの期間に最低でもBは2回、Aは3回の外装補修を行う計算になります。
仮に外装補修1回の費用を100万円とすると、補修回数がそのまま補修費用の差に。

このように、外装材をタイルにすることは、ライフサイクルコストを抑える上でとても有効です。
外壁タイルは雨や風、紫外線による劣化が少なく、いつまでも美しい状態を維持できるのがメリットです。また、擦りキズや掻きキズにも強い特長があるうれしい素材。外壁塗り替えの費用も必要ありません。そのため、メンテナンス費用が一般的な外装材(窯業系サイディング)に比べて安く済むため、ライフサイクルコストを抑えることができるでしょう。

(2)屋根や内装

防汚性や耐久性にすぐれた建材を使用したBとそうでないAでは、メンテナンスが必要となる頻度に差が出るため、修繕費もAの方が、多くなってしまいます。

(3)水道・光熱費
水道・光熱費も、建物の断熱・気密性能や住宅設備の性能に大きく左右されます。
イニシャルコストを抑えたAよりも、断熱サッシや複合ガラス、節水トイレなどを採り入れたBのほうが住宅性能は高くなり、水道・光熱費を節約できます。
住まいの一生にかかる補修費用、修繕費、光熱費等の差を合わせると、住宅価格の差額である500万円を超えてしまうでしょう。

いろいろな方法でライフサイクルコストを抑えた家づくりをすることは、結果的に将来の自分たちの暮らしをラクにすることにつながります。

「実際にどのくらいライフサイクルコストを抑えられるのかな?」と気になる方は、詳細なシミュレーションもお出しできますので、まずは気軽にご相談くださいね!

ライフ・パートナーズ Vol.66

2022.09N1_page-0001
2022.09N2_page-0001

【保存版】マイホームの住宅ローンを組む際に必要な書類・手続きまとめ


こんにちは!名稲建設株式会社です。

マイホームを建てるとなったとき、ほとんどの方が活用するのが住宅ローンです。住宅ローンに申し込む際には、いろいろな書類を準備する必要があり、実は結構大変。今日は、住宅ローンを組む際に知っておきたい手続きをまとめてみました。

注文住宅での家づくりを考えている方は、早めの準備でスムーズなマイホーム計画を進めましょう!


▶︎住宅ローンを組む際に必要な書類

住宅ローンには、ローンの事前審査(仮審査)本審査の2つの審査があります。
それぞれで必要な書類をまずはまとめてみました。

事前審査とは、住宅ローンに正式に申し込む前に、申込者の信用情報や返済能力等を最小限の情報から短期間で判断する審査の事です。物件の売買契約等を結ぶ前に申し込めるため、「住宅ローンを組めるかどうか」や「どのくらい借りることができるか」を契約前に確認することができます。

事前審査に必要な書類
・本人確認書類(運転免許証など)
・健康保険証
・収入証明書類(源泉徴収や確定申告書)
・返済中のローンがある場合は残高証明書
・購入しようとしている物件のパンフレットやチラシ、販売図面、物件概要書、価格表等の写し

住宅ローンの事前審査では、主に現在の収入と、車や教育ローンなど他のお借入れ状況に関する書類が必要となります。
意外と忘れがちなのが、返済中のローンに関する書類です。足りない書類があると事前審査にも時間がかかってしまいますので、きちんと確認しておきましょう。

事前審査に必要な書類は金融機関によって異なることがあります。そのため、事前に確認が必要です。

事前審査に通過したとなれば、正式な住宅ローンの申し込み手続きに進むことができます。ここからが、本審査といわれるものです。本審査の際には、銀行や提携している保証会社が一緒になって、提出された書類に基づいて詳しく審査を行います。本審査では物件の担保評価団体信用生命保険に加入できる健康状態であるかどうかも確認されるので、ご自身の健康状態をチェックしておきましょう。

本審査に必要な書類
・本人確認書類(運転免許証等)
・住民票
・実印
・実印に対応した印鑑証明書
・収入証明書類(源泉徴収や確定申告書)
・健康保険証など勤続年数確認用の書類
・売買契約書など購入不動産に関する書類

住宅ローンの本審査時には、事前審査で提出した書類に加えて印鑑証明書売買契約書などの不動産に関する書類が必要になります。
例えば不動産売買契約書や建築工事請負契約書、建築確認済証(建築届出書)などがそれにあたりますが、これは家を建てる住宅会社や不動産屋さんが用意するのでご安心を。

書類の中には「発行から3ヶ月以内」など、取得してから提出までの期間が設定されているものがあるので、注意が必要です。
本審査に必要な書類についても、金融機関によって異なることがありますので、事前に確認が必要です。

▶︎団体信用生命保険(団信)の申し込みもお忘れなく!

また、加えてチェックしておきたいのが団体信用生命保険です。
フラット35を除き、ほとんどの金融機関では住宅ローンを組む際に団体信用生命保険への加入が必要です。

団体信用生命保険とは、お借入された方がもしも事故や病気で他界されたり働けなくなってしまったりした際に、住宅ローンの残高がゼロになる保険です。

住宅ローンは、返済期間が長期にわたるのが一般的で、返済の途中で借主本人が亡くなると、家族に返済の義務が残ります。大黒柱を失い、多額の住宅ローンが残れば、家族には大きな負担となりますが、家族に家を残すために団信という制度があります。
プランに関しては金融機関によっても異なりますので、気軽にご相談くださいね!

ライフ・パートナーズ vol.65

2022.08N1_page-0001
2022.08N2_page-0001